「ほっ」と。キャンペーン

落語ねたblogを久しぶりに書きます。
blogは久しぶりですがちょこちょこ聴きに出かけていました。
蕎麦や、ギャラリー、寺、ホール、寄席など
高座のスペースがあればどこでも・・・と噺家さん達が言っている意味が
よーくわかりましたemoticon-0144-nod.gif

生落語を聴くようになって1年半。
寄席会場にもだいぶ慣れました。

b0170472_1361854.jpg



当初は噺中にガサガサする音やひどい時にはいびき。
映画館、コンサート会場だったら絶対タブーな物音がとても気に
なりました。
うるさくしていいというのではありませんよ
基本マナーはもちろんありますが噺中おせんべいの袋をごそごそ、
食べる音バリバリ・・・emoticon-0101-sadsmile.gif

昔から庶民の娯楽とされていた落語ならではの風景だから・・・と
思えるようになったらあまり気にならなくなりました。
中には(許せなーい。)と思うこともありますよ。特に携帯


寄席会場へ行って他の楽しさを発見。
寄席へ足を運ぶ回数が少ない私でも
「あっ、あの人また来てる。」
と常連さんがわかってきますemoticon-0142-happy.gif

その中の一人
小師匠
と私が勝手に名付けた少年がいます。
小学校5か6年生くらいかな?
鈴本演芸場の上座前列あたりにいる少年です。
なんで小師匠かというと噺の評価がしびや。
確実におもしろいと思わないとニコリともせず、無表情で聴きいっています。
よくまわりにつられておつきあいで笑っているおばさん方がいますが
彼は絶対妥協しない。
この前は腕組みをし、最後まで笑いませんでした。
正直、どかーんと笑いを取る噺家さんではありませんでしたが・・・emoticon-0141-whew.gif

それだけではありません。
演芸場内の関係者の人とも顔見知りでお茶子さん達からも声をかけられて
いましたemoticon-0102-bigsmile.gif

と寄席の裏事情も楽しめるようになってきた今日この頃。
今年も
「私の贔屓は◯◯◯師匠で、」◯◯師匠の『お見立て』が最高で、◯◯師匠の『芝浜』はひと味違う。二つ目なのに◯◯はきらりと光るものがあるよ。それから・・・。」
と語れるおばーちゃんになれるよう足を運ぼうと思います。



おっと、イラストレーターの仕事も励みつつ・・・emoticon-0136-giggle.gif
[PR]
by marcher-kumayan | 2013-02-16 13:28 | 落語

7月になりました。
今月は私のBirthdayの月emoticon-0123-party.gifemoticon-0123-party.gifemoticon-0123-party.gif

毎月月末に翌月の予定を書き込みます。
あかがプライベート
あおがイラストの仕事
みどりが保育園の仕事

今月は書き込みがいっぱい。日によっては違う色が1日に幾つか。

星座の世界では誕生月が1年の始まりだそうです。この1年、公私共に
忙しくなりそうですemoticon-0140-rofl.gif

emoticon-0171-star.gif  emoticon-0171-star.gif  emoticon-0171-star.gif  emoticon-0171-star.gif  emoticon-0171-star.gif

らくこねたが上席千秋楽になりました。

7月にちなんで、今日足を運んだ『柳家一琴師匠の根多おろし』で聴いた話題をひとつ。

噺家の世界では
7月1日と12月1日
は盆暮れの挨拶で師匠のお宅へうかがうそうです。

師匠も小三治師匠のお宅へうかがった後に会場へいらっしゃったとか。
昔ながらの伝統を受け継いでいる落語の世界が大好きemoticon-0152-heart.gif
7月は誕生月だからという理由でいつも以上に落語会へ行きます。

落語を聴くようになった理由のひとつは絵本作りのヒントになるのでは・・・?
ということも・・・。

年上の絵本作家さんに落語好きな人が多いように、あの藤子不二雄さんも
落語好き。
どらえもんのストーリーにも落語ねたを盛り込んだ話かな?というものが
あるそうです。

私も楽しい話の作れる絵本作家になろうっとemoticon-0165-muscle.gif

次回から中席になりますemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-07-01 18:05 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

気に入った手ぬぐいがあると購入する私。
汗ふき、夏には首に巻く、ねじってジーパンのベルトに・・・など

噺家さんは自分のオリジナル手ぬぐいを持っています。
落語中、手ぬぐいが財布になったり、煙管(きせる)につめる葉入れになったり・・・。
ふところから出てくるたびに
(どんな手ぬぐいを使っているのかな?)
とひそかにチェックしています。

こだわりの方は着物の色合いに合わせているのかな?
と思うほどベストマッチな手ぬぐい。
皆さん、何枚ぐらい持っているのかな?

昨年、テレビで知った故五代目小さん師匠のぼたん柄の手ぬぐい。
ぼたんをよく見ると『小三(さん)』になっているもの。
ちょっとした遊び心とデザイン性に(いいな〜。)と思いました。

先日初めていった『らくごカフェ』
いろいろな噺家さんの手ぬぐいがあるので行くたびにしっかり
チェックしようと思っていますemoticon-0122-itwasntme.gif

手ぬぐい以外にも落語中に使われている小物に
扇子があります。

この扇子。落語用語で
『風』
というそうです。

見立て方は煙管・箸・刀、もちろん扇子・・・など。
煙管・箸にして噺を進めている時は本物に見えるから噺家さんの職人わざの
すごさに感動していますemoticon-0140-rofl.gif

噺に小物というスパイスが加わった時、噺をもっと絶妙なものにする
のではないかな?

頑張って、小物emoticon-0144-nod.gif


私のHP

佐久間ちかこの『くま通信』
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-05-17 19:45 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

落語ネタでのblog。
どんどん書きたいところですが初心者ならではの内容にしたいので
(へ〜!)(すごい!)(なーるほど!)・・・・・・・・・emoticon-0122-itwasntme.gif
と思った時に書きたくて・・・。
上席からなかなか中席へ移れませんが国会の『牛歩』気分で楽しみ
ながら書きたいと思いますemoticon-0100-smile.gif

今回はお祭り騒ぎのような
真打ち昇進披露興行

昨年から生落語が聴きたくて寄席、ホールなどに足を運んでいる私。
今年は真打ち昇進披露興行を味わう機会がもてました。

足を運んだのは
春風亭一之輔師
の4月上席新宿末廣亭夜の部。

平日というのに普段あまりお客さんの入らない2階席まで人がびっちりemoticon-0104-surprised.gif
それだけ落語ファンにとっては真打ち昇進披露興行は特別なもの。
それから二ツ目時代からの春風亭一之輔師の根強いファンが
多いということだと思います。

真打ち昇進披露興行とは前座・二ツ目と修行を重ね、落語の実力が
認められた時、やっと真打ち。そこで昇進を披露するということ。
今回一之輔師
鈴本演芸場 3月下席
末廣亭  4月上席
浅草演芸ホール 4月中席
池袋演芸場 4月下席
国立演芸場  5月11日〜20日
の順で披露していくようです。

一之輔師の落語を聴くのはその日で2度目。
初めて聴いたのは鈴本の早朝寄席(二ツ目さんが勉強を兼ねて日曜午前中にする会)。
彼が二ツ目として最後に出演するということもあって超満員。
初めての一之輔落語に引き込まれました。
先輩二ツ目を21名抜いての昇進は納得ですemoticon-0144-nod.gif

昇進興行の当日はとても楽しみにしていたので席についても落ち着かない私。
5時開演。
いつものようにいろいろな噺家さん達が落語を披露しますが、噺の所々に昇進した
一之輔師の話題。
披露興行は他の噺家さんもいつもとは違う心持ちなのが分かりました。

後半に入り、『お中入り(休憩)』
休憩後、拍子木の音と共に幕が上がります。
私から向かって左から
柳亭市馬師・春風亭小朝師・春風亭一之輔師・春風亭一朝師(師匠)・三遊亭圓歌師
が座布団に座り、頭を下げた状態で登場。
真打ち口上のはじまりはじまり。

その時の私はドキドキワクワク。初めての経験にちょっとうるっときてしまいました。

左の師匠から順にねぎらいやら、人柄紹介、お客様へのお願いなど話していきますが、
一之輔師は状態を半分下げたままの状態で聞き、終わるごとに頭を下げる。
(ここからが彼の真打ちスタートなんだな。)
と思うとまたうるうる。

最後に一之輔師の挨拶。
そして圓歌師のおんどで三本締め。
日本の古い芸能って素敵emoticon-0115-inlove.gif
とすごく感動しました。

口上後も落語・色物は続きますが、それぞれお祝いの気持ちを込めての出し物。
師匠である一朝師の落語には弟子への愛情が感じられました。

トリはもちろん
春風亭一之輔師
演目は『初天神』。
つぶらな瞳の一之輔師の目が眼力を増したように見えました。
心情の細かな表現・古典落語から大きくはずれることなく、一の輔師独自の味付け・何よりも情景がとても浮かびます。
最後まで飽きさせず、自然に笑みのこぼれる1席でした。

今年は他にも真打ちになる噺家さん達がいます。
今から楽しみemoticon-0142-happy.gif
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-05-05 19:38 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

私が落語を知ったのは
う〜ん、いつか分かりませんが物心ついた頃だと思います。

遊びに来た祖父や父とテレビで一緒に聴いたのがきっかけだと思いますemoticon-0122-itwasntme.gif

昔は土曜日曜には落語の番組が多く、今みたいにテレビをつければ
どこもかしこもバラエティー番組ばかりではありませんでした。
笑いの主流は落語だったのではないかな?

今思うと小さな私は一緒に落語を聴いていてあきませんでした。
大人と一緒に笑っていました。emoticon-0140-rofl.gif

     emoticon-0171-star.gif    emoticon-0171-star.gif    emoticon-0171-star.gif

落語が好きになり、いろいろな噺家さんとの出逢いが多くなると
『この噺家さん、知っている!』
と思うことが多くなりました。

三遊亭圓歌師匠、三遊亭金馬師匠、柳家小三治師匠
亡くなった古今亭志ん朝師匠、五代目柳家小さん師匠など

子どもの頃、落語番組が多かったのと同時に司会・ドラマ・
時代劇・コマーシャルなどでも皆さん活躍されていました。

昔は今より噺家さんがメディアに出る機会、またテレビを通じて落語を
話す機会がもっと多かったのでは・・・?

落語を聴くたびに懐かしさを感じるのはそのためかな?
 
日本ならではの伝統芸能、これからももっともっと私達を楽しませて
ほしいと思いますemoticon-0139-bow.gif


私のHP

佐久間ちかこの『くま通信』
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-03-25 21:29 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

朝、近所のパン屋さんへパンを買いに行ったら
『10時までパン購入の方にコーヒー1杯無料プレゼント』
とありました。
少しの心遣いがとてもうれしく感じました。
帰り道、歩きながら飲んだコーヒーはとっても美味しかったですemoticon-0100-smile.gif


落語ならではの言葉。
以前のblogに載せた『サゲ』についてです。

初心者なので上手く伝えられなかったらごめんなさいemoticon-0139-bow.gif

私が思うには『最後のしめ』かな?と。

と言ってもパターンはいろいろ

・洒落で終わるもの
・『・・・。』で終わるもの
・こどもの昔話のように『それからというもの〜は〜となったそうです。』


など私が聞いていない落語を含めたらまだまだいろいろなサゲがあると
思います。

パターンはいろいろですが一緒なのは
(うーん、なるほど)(そうきたか!)(面白い)
など聞き手側に感じさせ、余韻を残し、終わらせるということ。

初心者がいうと生意気ですが、時々
(えっ、消化不良で終わらせないでほしい!)
と思う噺家さんも・・・。
サゲのもっていき方が・・・。
頑張れ〜emoticon-0140-rofl.gif


ある方の本を読んだら『落語の言葉』は独特で辞書には載っていない言葉が
あるということです。

私の辞書には
まくら・・・(落語などで)前置きにする言葉
さげ・・・・(落語の)おち
と載っていますが、辞書にも載らない言葉ってどんな言葉なのかな?
興味津々。これから出会うのが楽しみです。


次回はいくつか聞きに行った落語会・寄席についてemoticon-0115-inlove.gif




私のHP

佐久間ちかこの『くま通信』
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-03-17 23:33 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">


にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

初心者らくこに有り難い情報。
『前座さんには前座噺があるので他の噺家さんと重ならないように気をつける
のはそんなに大変ではありません。』
との情報が入りました。
ありがとうございますemoticon-0139-bow.gif

上席4日目に書いた落語用語。
『フラ』について説明します。

私が考えるには
噺家さんそれぞれの味わい
ではないかな?

聞く側の感じ方でも違いがあるかもしれませんが、
噺家さんのもっている雰囲気・個性を『フラ』というのでは
ないかな?

私が今まで聞いた噺家さんでいうと
柳家喬太郎師匠のユニークさと元気さを持ち合わせた愉快な噺家さん
柳家さん喬師匠はおだやかさと人情もののくすっと笑える温かさ
など。

私の感じ方を(えっ?)と思う人がいたら『フラ』は人によって
違いがあるのかもしれませんね。

落語用語次回に続く



私のHP

佐久間ちかこ『くま通信』
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-03-10 23:29 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

私はいつも『ねた帳』を持ち歩いています。

今度こんなイラスト描きたいな〜。
この中刷りセンスがいいな〜。ヒントで使えるかも?   など

思いついたことを忘れないように書きとめておきます。
なので『ねた帳』という名前は身近です。


寄席での『ねた帳』というと楽屋に置いてあります。
今日噺す演目をそれぞれの噺家さんが書き、噺が重ならないようにします。
昼の部と夜の部が重なってもだめemoticon-0141-whew.gif

最初の前座さんからトリまで。
思うのですが、師匠方は演目が多く、重ならないように選び出すのは容易ですが
前座さんや二ツ目さん、特に前座さんは演目が少ないので調整が大変なのでは?

そうならないように皆さん、精進して勉強されているのかもしれませんね。
頑張ってくださいemoticon-0139-bow.gif


落語通の方と話をすると
『まくら』『さげ』『ふら』などが話に出てきます。

例えば
「◯◯師匠のまくらはいつ聞いてもほれぼれしますよね。」
「◯◯師匠のふらはいいね。天下一品!」        など

そのたびに私は
「そうですね〜(大汗)」
と全然分からないのに話を合わせていました。

落語の世界の独特の言葉を覚えると落語の魅力が分かり、聞く時の
ヒントにもなるように思います。

続きはまた次回emoticon-0105-wink.gif
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-03-08 20:59 | 落語

にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
にほんブログ村" target="_blank">

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村" target="_blank">

落語を聞くようになって素朴な疑問が増えました。
きっと噺家さんや通の落語ファンにとっては当たり前だったり
(何でこんなこと?)と思ったりするのかも・・・?

日本の伝統芸能『落語』をよく知りたいので知りたい!何だろう?と
思うことは調べようと思っていますemoticon-0144-nod.gif

ここ最近の疑問emoticon-0122-itwasntme.gif

◯噺家さんが客席で噺を聞くことは?
・師匠・兄弟子の噺は客席で聞くのはだめ。舞台そでで聞き、勉強させていた
だくそうです。でも弟弟子の場合はいいそうですよ。  
    
◯前座は羽織・袴を着てはいけないの?
・上下関係の厳しい世界。前座は下働き。仕事がしやすいように基本は着流し
だそうです。

◯1席が終わるごとに前座が座布団を裏へ返すのは?
高座返しというそうです。昔は自分の敷いていた座布団を  温もっていない、
跡のついていない裏側を出すのが礼儀とされていました。
昔ながらの礼儀作法を落語の世界では今も大切にしているということです。
    


日本人が忘れかけていることを落語の世界では今も大切しているんですね。
落語の世界を知ることで昔から伝わる日本の良さを再確認できると思いました。

ここに載せたいくつかは柳家花緑師匠にtwitterを通じて教えていただきました。
師匠、ありがとうございましたemoticon-0139-bow.gif
[PR]
by marcher-kumayan | 2012-03-04 19:32 | 落語